風を感じて・・・

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

映画「ミラノ、愛に生きる」

f0157355_1025795.jpg


ミラノの裕福なレッキ家の家長は引退を決意し、会社の実権を息子・タンクレディと孫のエドアルド・Jrに譲った。エドは親友でシェフのアントニオとともに、郊外にレストランをオープンする計画を立てている。タンクレディの妻・エンマは、旧ソ連生まれ、必死でイタリア語を覚え、息子たちを育てあげミラノの上流階級の生活に馴染もうと努力し、それなりに満足した生活を送っていた。しかし、居場所のない疎外感はぬぐえなかった。本当の自分を取り戻すために彼女がしたことは…。

久しぶりにリニューアルしたBunkamuraル・シネマにて。
さて、この映画のストーリーですが、一般的には批判を浴びる主人公の生き方ですが、裕福な上流階級の家に嫁いだがゆえの「自己の抑制」とその抑制ゆえにその反動で胸の奥にしまい込まれていたものがいっきに弾ける「自己の開放」を描いています。
ふとすればこういった性質のストーリーだととかく単調になりがちですが、とにかく映像と音楽の使い方がとても上手く、それだけで臨場感が伝わります。
そして出演者の表情での演技。
イタリアの上流階級の威厳みたいなものも垣間見られ、それなりに見応えはありました。
久しく映画も観に行っていなかったけれど、やはり映画はいいですね。
by crescent28 | 2012-01-31 22:23 | 映画・DVD

第32回館山若潮マラソン

f0157355_22221670.jpg


昨年に引き続き10キロにエントリーした館山若潮マラソン。
会場に到着し、荷物を預けるために走る格好になったままスタートまで。
この時期なので、上着を脱ぐと寒いのですが、今年は特に寒い!!
豚汁サービスの横の火をおこしているところで集合時間まで暖を取り、招集がかかってスタート地点で待機。今年は一段と参加者が多いような。
おそらくゴール予想時間順に並ぶため、実際のスタートまで数分のタイムラグが生じます。
スタート1分前となり、カウントダウンで号砲そして花火。

スタート直後は人混みのため、ほとんど歩き。
徐々にまわりの人との間隔が空いていきます。
沿道には大勢の人たちが応援に出てくれています。

ここのコースはほとんどフラットなので、とても走り易いのです。
10キロは海岸沿いを岬の方まで行って、折り返しのコースです。風が強いため、身体にこたえます。
折り返し地点近くでは、毎年学生さんが運営のお手伝いをしてくれており、センターに並んで声を掛けながらハイタッチをして元気をくれます。
毎回マラソン大会に参加して思うのですが、知らない人たちのために、あんなに一生懸命応援できるのってすごいなって思います。そしてそんな人たちによって、元気と力をもらってランナーは走っているのです。せめて給水所などでのマナーは最低限守りたいものです。

しばらく走っていなかったためか、10キロといえどかなりきつく、それでもなんとかゴールに辿りつきましたが、これまでのワースト記録で1時間14分20秒。
いったいいつになったら1時間切りが出来るのか。といっても、走り込んでいないからあたりまえですね。

今回の参加賞には、館山市のキャラクターマスコット「だっぺぇ」のタオルをいただきました。
走った後は、サービスの豚汁、おしるこ、焼きいもをいただき、宿泊したホテルで温泉につかって冷えて疲れた身体をあっためて帰ってきました。温泉がとっても気持ちよかったです。
by crescent28 | 2012-01-29 22:21 | スポーツ・健康・癒し

金哲彦さんのマラソンクリニック

f0157355_2285932.jpg


明日の館山若潮マラソンを前に、ゲストランナーである金哲彦さんのマラソンクリニックに参加しました。
館山とはいえ、この寒波でかなりの寒さ。着替えた後は、体育館でストレッチや走り方などを教わりました。肩の力を抜いて、背中というか肩甲骨に意識を寄せながらお腹に力を入れて走ること。走る前の身体を柔軟にするやり方、前傾体勢のまま走ること、などなど。
いつも金さんのマラソン本を読んでいましたが、実際に身体を動かしながらだと、とてもわかり易いです。

後半は外に出て、海岸沿いを軽くランニング。軽くといっても、11月の阿武隈リバーサイドマラソン以来、2回ぐらいしか走っていない状態だったため、たった数キロなのに息切れの激しいこと。
身体は正直だということが良くわかりました。それでも、前日に少しでも走れてよかったです。
今日のことを踏まえて、明日頑張らなくちゃ。
by crescent28 | 2012-01-28 22:07 | スポーツ・健康・癒し

ランニング再開

今年初のランニング。
今日は走ろう、と思って早々に帰宅したが、あまりの寒さに一度は挫折しそうになり、それでも完全なる防寒で気持ちを奮い立たせてランニング。

思えば、11月の阿武隈リバーサイドマラソン以来である。
随分さぼってしまったものだ。
このブログを見てくれている人はおわかりだと思うが、あまりの継続性のなさに自分ながらあきれてしまう。
ピラティスはわりと続いた方ではあるが、レッスン内容がピラティスと離れてしまい、しかも個人レッスンのみとなってしまったため、こちらも今はやっていない。
現在の唯一の趣味となったランニングも、途切れ途切れにやってはいるが、いかんせん走るときは走るが、走らなくなると全く走らないといった感じであまりにもムラがありすぎる。
ランニングにおける今年の一番の目標は、コンスタントに走ることかもしれない。
わかりやすい目標としては、ハーフマラソンの完走。(去年も同じことを言っていたが。)
そして、いつかはホノルルマラソンと東京マラソンに出ること!
みんなで出たいな。

で、久しぶりのランニングは、といえば、いつも馬事公苑のまわりを2周しているが、さすがに間があき過ぎて足が痛く、途中であまり動かなくなった。身体は正直である。
走っている途中に見た満月がとっても大きかった。
とりあえず、1月29日開催の舘山若潮マラソンの10kmに向けて頑張らなくちゃ。
by crescent28 | 2012-01-11 21:56 | スポーツ・健康・癒し

それぞれの成人式

今日は成人式。

今回の成人式、被災地で成人式を迎えた人たちにとっては、きっと忘れられないものであろう。
その意味はあまりにも重い。
新成人は口々に、地元の役に立てる人になりたい、と言う。
一方、相変わらず周りの迷惑を顧みずにバカ騒ぎをして、連行されていく新成人や、AKBの歌を歌う市長も。何か勘違いしている気がする。若者に媚びているようにしか見えない。
両方の映像を見ながら、何だか複雑な気分。
成人の意味をはき違えている彼らも、いつか成人式を振り返って、「ああ、バカなことをしていたな。」と思う日が来るとよいのだが。
でも、自分も成人式を迎えたとき、今思えばあまり実感はなかったし、たいしたことを考えていなかったな、と思う。
被災地の新成人は、震災で想像もできない苦痛や悲しみを味わい、それぞれにいろいろなことを考え、将来に向けて自分にできることを見つけているようだ。
何はともあれ、新成人に幸あれ。
by crescent28 | 2012-01-09 19:32 | 雑感

素晴らしい演奏

f0157355_813815.gif


横浜みなとみらいホールにて行われた神奈川大学吹奏楽部定期演奏会に行ってきました。
大学4年生である従兄の娘さんの最後の演奏会です。
神奈川大学吹奏楽部は全国吹奏楽コンクールで通算24回の金賞を受賞している大学の吹奏楽部の中では全国1位の実力校でオーストラリアウィーンへも演奏旅行に行っています。

ディオニソスの祭りや、歌劇「魔笛」序曲、交響詩「ローマの松」など、吹奏楽ファンをうならせるラインナップです。
昔は兄や従兄が吹奏楽部だったので、良く定期演奏会は行っていましたが、今回随分と久しぶりでした。ブラスバンドのお腹にズン、ズンと響くずっしりとしたキレのいい音。
詳しいことはわかりませんが、とにかく素晴らしい!さすがに全国1位だっただけあって、すごくまとまりのある音でした。
交響詩「わが祖国より」モルダウは、わりとみんなが知っている曲ですが、学生の頃、合唱で歌ったので、とても懐かしかったです。
圧巻は「ローマの松」。静かな演奏から徐々に盛り上がって、最後は圧倒されます。
私は音楽には行かずに体育系の部活をやっていましたが、吹奏楽だったらサックスをやってみたかったな、と思う今日このごろ。
アンコールでは、美空ひばりの「りんご追分」や「川の流れのように」を演奏してくれて、一緒だった親戚も大変喜んでいました。ラストは1、2年生によるマーチングバンドまで登場して「星条旗は永遠なれ」。もう感動です!
クラシックはなんとなく眠くなってしまったり、敷居が高い感じがしますが、吹奏楽はもっと身近で楽しませてくれる気がします。

それにしても、中学・高校・大学と10年間にわたって吹奏楽をやってきた従兄の娘さん。
これで、吹奏楽はやめると言っているようですが、一つのことをここまで継続して頑張ってきただけでも頭が下がります。特に三日坊主の私としては。
4月からは社会人ですが、10年間頑張ったことを思えば、社会に出ても頑張ってやっていけるんじゃないでしょうか。

演奏会の後は、親戚同士、横浜中華街で楽しい食事をし、とてもいい一日でした。
社会人になってからは、あまり親戚づきあいもしていませんでしたが、大震災もあって、人とのつながりの大切さを考えさせられ、これからはもっと親戚づきあいもしていきたいと思います。
by crescent28 | 2012-01-08 23:11 | 音楽

ウクライナ国立オデッサ歌劇場 トゥーランドット@めぐろパーシモンホール

f0157355_21351995.jpg


知り合いが風邪をひいて行けなくなった、とのことで半額で譲っていただいたチケット。
指揮者が西本智美さんだったため、行きたいと思いつつもチケットを買わなかったので、大変ラッキーでした。席はバルコニー席で、オケピが良く見えました。

オペラはいまひとつ良くわからずに終わってしまうことが多いのですが、今回はイタリア語上映日本語字幕付きのため、良くわかりました。
また、ウクライナ国立オデッサ歌劇場から管弦楽団、合唱団、バレエと来日し、生上演でしたが、かなりの迫力。トゥーランドット役のマリア・グレギーナのソプラノ、カラフ役のオレグ・クリコのテノールの歌声の伸びが素晴らしかったです。
2幕からは、知り合いと席を交換し、前から4列目でしたので、オーケストラ、ステージがすごく間近に観ることができ、ストレートに歌声や演奏が飛び込んでくるのでとても感動しました。
上演中は、タクトを振る後ろ姿(髪の毛に艶があって、サラサラでふさふさでうらやましい・・)しか見れなかった西本さんも、上演後はステージ上で、正面からお目にかかることができてうれしかったです。本当にカッコよかった!
今度は西本さんが指揮するクラシックコンサートを是非聴きに行きたいと思います。
by crescent28 | 2012-01-07 21:51 | 芸術鑑賞

第88回箱根駅伝

f0157355_21253465.jpg


数年前からはまっている箱根駅伝。
今回は東洋大の圧勝ー完全優勝で幕を閉じました。
去年早稲田に破れ、その時の悔しさを胸にこの一年頑張ってきた結果なのでしょう。
それにしても、東京農大は残念でした。
去年もシード獲得ならず、予選から上がったのに、また来年も予選からです。
家が近いため、いつも箱根駅伝に走るであろう学生たちが走っているのを見かけます。
それだけに応援していましたが、本当に残念でした。
復路が結構良かっただけに、余計ですね。
でも、体調不良の中、津野選手がたすきをつないでくれたので、さらに重みのあるたすきとなって、復路の頑張りにつながったのだと思います。
あと、青学がこれまでになく上位に入れたことはうれしかったです。

来年は一体どんなドラマが待ち受けているのでしょう。
楽しみです。
by crescent28 | 2012-01-03 15:24 | スポーツ・健康・癒し

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
今年も一年健康で元気に過ごせますように。
そして、被災地の皆さんが一日も早く平穏な日々を
取り戻せますように。

昨年は、東日本大震災もあり、いろいろと考えさせられた一年でしたし、
震災以降なんだか内に籠った生活を送っていたような気がします。
そして、毎年ゆとりのある生活をしたいと思いながらも、なんだか慌ただしく、
目標も達成できずに一年を終えていました。
今年こそは気持ちを外に向けて、少しは成長できればいいな、と思っています。

ブログもすっかりお休みしてしまいましたが、またマイペースで復活
していきます。

今年もよろしくお願いします。
by crescent28 | 2012-01-01 22:44 | 雑感



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧