風を感じて・・・

<   2008年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2007  年間映画ベスト3

友だちと新年会をした時に昨年観た映画の話題になり、去年一年間に映画館で観た映画はいったいどれくらいだろうと思い、リストアップしてみました。なんと34本でした。以前は年に映画館での鑑賞は3、4本ぐらいだったと思います。仕事で憂鬱な時期が続いた時に気分転換にと観に行って以来はまってしまいました。思うに、集中できるのと、現実逃避できるところがいいんですね。DVDもいいのですが、家だと寛ぎすぎて集中できなかったり、眠くなってしまったり。(映画館でもしょっちゅう記憶を失っている瞬間があるのですが。)

ところでリストアップしたついでに、2007年のBEST3を挙げてみました。

BEST1:善き人のためのソナタ
f0157355_21401148.jpg

ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担ってきたシュタージ(国家保安省)の実態を暴き、彼らに翻弄された芸術家たちの苦悩を浮き彫りにしたアカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品。

シュタージの局員ヴィースラーは、劇作家のドライマンと恋人で舞台女優のクリスタが反体制であるという証拠をつかむように命じられる。ヴィースラーは盗聴器を通して彼らの監視を始めるが、自由な思想を持つ彼らに次第に惹かれ・・。

今からほんの20数年前の東ドイツがこのような監視国家だったことに驚きを隠せない。
国家を信じ、忠実に仕えてきたヴィースラーが、盗聴器から聴こえて来る音楽、文学、自由、愛を知ることにより、今まで知らなかった新しい世界に目覚めていく。
静謐な中に、変わりゆくヴィースラーの哀しみと歓びが心にしみる。

その後、ベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツが統一され、旧東ドイツ時代のすぺてのデータ、監視された者の監視報告書、監視者などが情報公開されているとこにまた驚かされる。

顔を合わすこともなく、違う世界に生きている二人が盗聴を通して関わり、最後に一冊の本によって心がつながったたラストに熱いものがこみあげてきた。

ちなみに、このヴィースラー役のウルリッヒ・ミューエという俳優は、自分自身当時の旧東ドイツ時代に監視下におかれており、女優であった妻に密告されていたそうです。そして残念ながらこの7月に亡くなったそうです。
また、舞台女優クリスタ役のマルティナ・ゲデックは、「幸せのレシピ」の元であるドイツ映画「マーサの幸せレシピ」のマーサ役を演じていた女優さんです。


BEST2:HERO
f0157355_21404860.jpg

以前から東京地検城西支部の面々にはまっていて、とても好きなドラマでした。行きつけのお店のマスターも含め、みなとても個性的で面白く、この頃から阿部ちゃんも気になりはじめたのでした。なので、この間テレビでも再放送をしていた「HERO レジェンド」の山口編はちょっと物足りなかったかな。

今回映画化ということで規模もより一層大きくなり、とにかく出演者がとても豪華です。
久利生もマイペースでどこかさめた感じがするのに、内面はとても正義感が強くて情熱的で、どこまでもあきらめないその姿勢が、いつのまにか周囲の人間に影響を与えているのだと思います。

最後の「あるよ。」のマスターのお店でのやりとりがいいですね。
今回マスターの出番が思ったより少なくて残念でしたが、最後にいい味出していました。スペイン語も話せるんですね。まったく奥が深くて謎なマスターです。
ラストは「HERO」にしては意外といえば意外でしたが、あの流れでいきなりあれは、ちょっと強引だったような気もします。

またいつか城西支部のメンバーに会いたいですね。


BEST3:ママの遺したラブソング
f0157355_21411538.jpg

フロリダで怠惰な生活を送るパーシーに、長年会っていなかった母の訃報が届く。ニューオーリンズの生家に帰ったパーシーを待っていたのは、見知らぬ二人の男。元文学部教授のボビー・ロングと彼を慕う作家志望の青年ローソン。古ぼけた一軒家で、嫌々ながらの同居生活が始まる。新しい生活、文学との出会い、初恋、そして初めて聞く亡き母の横顔。ささくれだっていたパーシーの心は、いつか少しづつ癒されていく。そしてある日、母が自分に宛てた一通の手紙を発見する。

セクシー女優スカーレット・ヨハンソンとジョン・トラボルタが共演している映画です。ニューオーリンズを舞台に、人生に迷った少女と心に傷を負った中年男が共同生活を送り、心の触れ合いを通して少しずつ再生していく話ですが、全体を通して地味でありながら、見終わった後も心に残る優しい映画です。


さて、今年は何本の映画を観るのでしょう。
最近は幅が広がって、さらにいろいろな映画を観たいと思っているところです。
by crescent28 | 2008-01-31 20:56 | 映画・DVD

本「感謝の習慣で人生はすべてうまくいく!」佐藤 伝

f0157355_22202747.gif


何事にも感謝をすると、いいことが自然にやってくる!夢実現ナビゲーターとして活躍する著者が、感謝の力で「幸せ」と「成功」の両方を手に入れる魔法のテクニックを伝授。「神社へ行ったら、お願いではなく感謝をする」「今の自分に真心でありがとうをいう」「毎日を記念日にして、感謝の機会を増やす」など、習慣化したい日々の心がけが満載。この一冊であなたの運はうなぎのぼり!

というのが本書の解説です。
チベットのダライ・ラマ13世より、10年間にわたって現地で直接、密教の奥義を伝授され、最高位ゲシェの称号を授かったという著者の祖父の影響で、江原さんの著書にもあるようなスピリチュアルな内容なので、とても納得できる内容でした。

「ありがとう。」パワーがいかに人生を明るくするかは、確かに想像できます。人に文句を言って過ごすより、「ありがとう。」と笑って過ごす人生の方がいいに決まっています。ただ、日々感謝したいことや感謝したい人はたくさんいても、それがあたりまえになりすぎて、敢えて「ありがとう。」と口に出すことさえ憚られたりします。でも、そのちょっとした一言を相手にきちんと伝えることが大事なんですね。

中でも印象的だったのは、
幸せって「なる」ものではなくて「感じる」ものなのです。幸せは、青い鳥のように追い求めたり、探したりするものではありません。すでにあなたの中にあるのです。それをあなたが感じれば、もうそれで幸せ。あたりまえのことに感謝できれば、あなたは100%幸せなのです。
そういわれれば、「幸せになる」ってどういう状態が幸せかって聞かれたら返答に困ってしまいます。誰かに何かをもって「幸せになって欲しい」と言われたとしても、それは他人が判断することではありません。私自身、自分が死ぬときにしみじみ「あー、幸せだったな。」と思えればそれでいいと思っています。「幸せを感じる」ことは日々の生活の中にたくさんあります。温泉に入って、「あー幸せ。」美味しいものを食べて「あー幸せ。」友だちとたくさんおしゃべりをして「あー幸せ。」そういう瞬間をたくさん感じることができればそれで満足。

起こったことを全部受け止めるのです。一見いやなことに思えても、それはそれで意味があると考えます。スピリチュアルな世界で、試練は、自分の守護霊から与えられることが多いといいます。人生においてその人に必要な試練ってあるのでしょうね。それもなんとなくわかる気がします。この先自分にとって良くないことが起こったとしても、いったいそれが何を意味するのか、ちょっと立ち止まって考えてみることにします。

もちろん、これで人生すべてうまくいくとは思いません。
でも、日々の生活の中で、「ありがとう。」という一言が、人生をいい方向にもっていってくれることはわかります。ただそれができるかどうか、です。
これからの人生にちょっとしたヒントをもらった気がします。
by crescent28 | 2008-01-28 22:17 |

没後50年 横山大観ー新たなる伝説へ@国立新美術館

f0157355_18223358.jpg


昨日、六本木の国立新美術館へ「没後50年 横山大観ー新たなる伝説へ」を観に行ってきました。

横山大観は明治から昭和の戦前戦後に活躍した近代日本画の巨匠であり、初期から晩年までの代表作の数々、海外からの里帰り作品などが一堂に集まり、大観の世界を一度に堪能することができます。

今まであまり芸術というものに関心がなく、全くの初心者である私ですが、横山大観が日本画の巨匠であることはかろうじて承知しており、その展示作品もどこかしらで目にしたことのあるものが多々ありました。

f0157355_18304495.jpg

無我


一番最初に展示されている「無我」がとても可愛らしくて印象的です。水墨画のように墨の濃淡の微妙な変化をかなり巧みに表現していたり、空間をうまく活用していたりする描き方はため息がでるばかりです。そして風景がには必ずどこかに鳥が飛んでいたり、船が描かれていたりと、細部にもこだわっています。

また、そんな作品とはうってかわって色彩豊かな「夜桜」と「紅葉」は並べて展示してあり、その色使いは圧巻です。

あと驚いたのは「生々流転」という長さ40メートルもある巻物です。こちらはかなりの人だかりで間近ではほとんど見ることができませんでした。それしにてもこういった作品の構図はどうやって考え、実際に描くのでしょうか。

あと、とても印象的だったのはグリーン系の色が多用されていることです。グリーン系といっても鮮やかなエメラルドグリーンだったり、深い藍色だったり。画家人生の中で、様々な作風の作品がありますが、これは一貫していたような気がします。

この展覧会は途中で作品の入れ替えがあるようなので、後期の展示も気になりますね。

没後50年 横山大観ー新たなる伝説へ
国立新美術館
2008年1月23日(水)〜2008年3月3日(月)
前期:1月23日〜2月11日
後期:2月13日〜3月3日

by crescent28 | 2008-01-27 18:52 | 芸術鑑賞

映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

f0157355_9235725.jpg


悪徳判事に妻と娘を奪われ、無実の罪で島流しにされた男がロンドンに帰ってくる。名を変え、復讐の機会を伺う一方で、殺人を繰り返す。さらにその死体は・・。

ジョニー・デップ大好きという友だちと観に行ってきました。
漠然とした予備知識しか持たずに行った私は、その内容にほとんど茫然自失。
う〜ん、なんと言ったらいいのか・・。とにかく歌って踊って血しぶきが舞っていました。す、すごすぎるっ!!というかグロすぎるっ!!
あの場面ではしょっちゅう目をつぶっていました。でも、トッドがカミソリを振り下ろす殺人場面などがなぜか美しいのは、ティム・バートン監督とジョニー・ディップならではなのでしょう。

暗くどんよりしたロンドンの街の空気感を出しているため、全体的に彩度を抑えた映像なのですが、トッドが過去を振り返るシーンや、ラヴェット婦人が未来を妄想するシーンでは映像がカラフルになります。(そして笑える。)おそらく二人とも多彩な人生を望んでいるのに、今の二人の人生には血しぶきの赤一色を加えることしかできないのです。

胸をしめつける映像の数々と、赤一色の映像表現、そして救いようのない結末に、愛と憎しみという人間の業が狂気にとなって復讐の鬼と化してしまった男の切なさともの悲しさを感じずにはいられません。
by crescent28 | 2008-01-26 23:22 | 映画・DVD

映画「ALWAYSー続・三丁目の夕日」

f0157355_22111859.jpg


昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は喧嘩ばかり。一方、一度淳之介を諦めた川渕だが、再び茶川の所にやってくるようになっていた。淳之介を渡したくない茶川は、再び芥川賞に挑戦しようと決意する…。

この世界観、私は好きです。
1作目もそうですが、この映画を観るとなつかしさとともに、今の日本が置き忘れてきてしまった大切なものに、心が痛みます。モノはなくても心は豊かな時代。それに比べて24時間何でも手に入り、便利でモノに溢れた今の日本。そしてそれに慣れきってしまった私たち。そんな生活があたりまえになった日々を送りながら、漠然と感じる未来への不安。最近すごく考えるのですが、そろそろ不便でも原点回帰が必要なのではないかと。でも、そうは言っても感覚が麻痺してしまった私たちが今さら戻れるのかとも思います。

何かすごく純粋で、一本気で、あったかくて・・ちょっとすさんだ世の中になりつつある今、たまにこの世界観にどっぷり浸かりたいとしみじみ思うのです。
by crescent28 | 2008-01-21 22:46 | 映画・DVD

温泉でまったり・・。

半年ぶりに温泉に行ってきました。
今回は近場、箱根強羅温泉「季の湯 雪月花」です。
小田急ロマンスカーで約1時間半。あっという間に箱根湯本に到着。今日から東京も雪という予報で、箱根も寒いこと、寒いこと。箱根登山鉄道に乗り換え、強羅駅に着くと駅から徒歩1分という近さでした。

この雪月花さん、「花の庄」というエリアと「月の庄」というエリアがあり、かなりの広さ。高齢の方は迷子になってしまうのでは、と心配になるほど。かなりの客室数です。

f0157355_15491577.jpg


ここの客室は全室露天風呂付きですが、温泉ではないようです。客室は和洋室で、和室の部分で寛ぎ、寝るときはフローリングのベッドという造りです。今はやりの和モダンというところでしょうか。作務衣と足袋靴下が用意されており、他に「湯衣処」で浴衣も選べるようになっています。お茶の他に抹茶セットも置いてありました。

f0157355_15514651.jpg


お風呂は大浴場に貸し切り露天風呂が3カ所、あと半露天風呂(お湯は人工炭酸泉)があり、お湯は内風呂も露天もややぬるめです。大浴場の前にヤクルトのような乳酸菌飲料が冷やしておいてあり、自由に飲めるようになっています。

お食事は和懐石、鮨・天麩羅、山海鉄板焼きと洋風懐石の三種類から選びます。和懐石をいただきましたが、この日はふぐちり。夕食の時間が8時だったためかなりお腹がすいていたのですが、満腹でした。夜の10時頃から夜泣きそばのサービスもあるのですが、食事が遅かったためこちらも残念ながら断念。でも、なくなり次第終了ということなので、時間的にも終わっていたかもしれませんね。

変わっているのは、中庭に能舞台があること。あまり回数はないようですが、たまに能舞台が見られるようです。昨日はロビーでヴィオラのコンサートをやっていました。
あと、癒し処では、手もみやタイ古式マッサージもできますが、こちらは有料。岩盤浴は無料でできますが、チェックインの時間が遅かったため、すでに満杯で残念ながら予約できませんでした。サービスはいろいろあるのですが、何しろ規模が大きいため週末の混んでいる時期はせっかくのサービスも受けられないことの方が多いのではないでしょうか。このお宿を満喫するには、チェックインの3時頃に入るのがいいようです。

ちょっと部屋が寒かったことや、多少のマイナス面はありますが、総体的にはいいお宿だと思います。結構いいお値段なのに以外に若い人が多かったのには驚きです。

温泉につかって美味しい食事をいただいてまったりできる時間って、何てしあわせなんでしょう。
by crescent28 | 2008-01-20 15:35 |

和モード〜日本女性、華やぎの装い@サントリー美術館

f0157355_1424052.jpg


サントリー美術館で行われていた「和モード 日本女性、華やぎの装い」を見ました。
日本女性の着物や、髪型、装飾品などを通して日本女性の装いの変遷が見られます。
展示構成は、
第1章 小袖の和モード
第2章 描かれた和モード
第3章 化粧と嗜みの和モード
第4章 髪型と髪飾りの和モード
第5章 文明開化と近代の和モード
第6章 和モードのクリスマスとお正月


となっていました。
現代の着物の前身である小袖から始まり、浮世絵や屏風絵、化粧道具、髪飾りなど、実物が多数展示されています。
驚いたのは、「第3章の化粧と嗜みの和モード」で、今で言うお化粧の仕方のマニュアル本みたいなものがあり、いつも時代も女性は「美」を追い求めていたんだなということです。ただ、「美人画」とかを見ると、「美人」の基準は時代によって違うものだとつくづく思いました。また、吉原のファッションを一般庶民が真似していた、というところから、吉原のファッションが流行の先端だったんだな、というのも興味深いものでした。また、櫛やかんざしなど、材質やデザインが様々で見ているだけでも楽しめました。残念ながらこの展示は14日までとなっています。

次回サントリー美術館開催「ロートレック展」
2008年1月26日(土)〜2008年3月9日(日)

by crescent28 | 2008-01-14 14:20 | 芸術鑑賞

BLUEMAN GROUP IN TOKYO@六本木インボイス劇場

f0157355_1203175.jpg


昨日行った「BLUEMAN GROUP IN TOKYO」。
全身青塗りの男性3人組が音楽、アート、コメディを融合したようなパフォーマンスをするのです。もともとニューヨークの路上パフォーマーで、その後オフブロードウエイで公演をしており、今回アジア初公演で日本初上陸。
ピラティスインストラクターの方がニューヨークで観てすごく面白かったということで、友だちにチケットを取ってもらって行ってきました。

話さない、笑わない青塗り三人組、ということでちょっと怖い印象もあるのですが、やっていることはかなりお笑いで、ボケとかオチというのは世界共通なんだと変な感心をしてしまいました。中には観客参加型のパートもあり、三人組+1名で一緒に観客を笑わせてくれました。しかも最後は全員参加という・・。
次は何をするんだろうという興味で、ブルーマンの一挙手一投足に注目していたので、あっという間に終わってしまいました。シャイな日本人なので、アメリカ人的な反応はしないため、ちょっとやりにくいだろうなというのはありますが、最初大人しかった観客も最後にはちょっと興奮さめやらぬ感じでした。

外のロビーに出ると、ブルーマンがお見送りをしてくれており、気軽に写真撮影や握手に応じていました。そして私も写真と握手をゲット!!
間近で見たブルーマンは目がとても優しそうでした。

う〜ん、こんなのは初めて見ました。ほんと、笑えます。
今度また3月に行く予定です。その時は一緒に写真撮れるかな??
by crescent28 | 2008-01-13 11:59 | その他

充実した休日

今日は友だちと六本木インボイス劇場で「BLUEMAN GROUP IN TOKYO」を観てきました。行く途中、違う道に入ってしまい遠回りのかなりいい運動となりましたが、この公演前評判どおりすごく楽しく、あっという間の100分でした。朝食後何も食べずておらず公演が終わった時にはすでに3時ちょっと前。観客参加型ということもあり、すっかりお腹がすいてしまいました。

そこで六本木ヒルズのアフタヌーンティーで遅めのランチを取り、そういえば友だちも私も東京ミッドタウンは行きたいと思いつつなかなか行かずにいるということで、せっかく六本木に来たので行ってみようということになりました。

外は冷たい雨。ここのところ暖かかったので、今日はかなり寒く感じます。
六本木駅の構内を通ってヒルズから反対側のミッドタウンへ向かいました。ミッドタウンへ着くと、「おお!ここがミッドタウン。」とお上りさん状態でキョロキョロ。
鎧塚さんのお店を見つけ、一度食べてみたいと思うのですが雨の寒い日にもかかわらず予想通りすごい行列です。今回はあきらめてサントリー美術館へ行きました。
今やっていたのが「和モード〜日本女性、華やぎの装い」展です。サントリー美術館に向かう途中、やけに和服の女性が多く、この展示会だし、時期的に初釜の後にでも寄っているのかしら、と思ったら和装だと入館料が500円とのことでした。
日本人女性の装いの変遷が屏風絵やら装飾品やら着物から見てとれます。以外と若年、中年層の男性が真剣に見ているのが印象的でした。

すっかり歩き疲れて、ミッドタウンのお店「A971」で軽くつまみながら飲み、地下鉄千代田線の乃木坂駅に向かうために歩いているとミッドタウン横にイルミネーションの歩道を見つけ、そのまばゆい光に誘われて少し散策をして乃木坂から地下鉄で帰途につきました。
今度またミッドタウン探検と、ぜひ行ってみたいと思っているリッツ・カールトン東京のラウンジ(泊まりたいけど高過ぎて・・)に来ようと思います。

今日はブルーマンに、ミッドタウン、サントリー美術館、そして久しぶりに会った友だちとのおしゃべりに、心地よい疲れを伴った充実した休日となりました。
by crescent28 | 2008-01-12 16:37 | その他

溢れたコップの水

今日、とうとうコップの水が溢れてしまいました。
実は年末の仕事納めの時もそうで、二度目です。

基本的な精神はとても安定しているし、余暇もそれなりに充実しているのですが、最近仕事で短期的にいっぱいいっぱいになってしまいます。
限られた時間の中でやらなければならないことがある中で、さらにあれやこれやと仕事の指示が飛ばされる・・。自分がいっぱいいっぱいで全然余裕のない状態で、まわりの人への対応ができなくなってしまうのもストレス。

社会人になって今まで、もっと量も内容もきつい仕事はあったのですが、そちらは自分がとても好きでやっていた仕事なのでどんなにきつくても全然平気でした。でも、今は仕事内容などそんなに難しいものではないにしても、他人のペースで仕事をしなければならないという状況と、他人に拘束されるという毎日。これが今の私にとって精神的に一番つらいところです。

おかげなのは、ベースはとても安定しているので、ほんの一時だけそういう状態になってしまうということでしょうか。そんな時、映画を観たり友だちとおしゃべりなんかすれば、わりとすっと元の状態に戻れます。

いつまでこの仕事なのかわかりませんが、職場を異動するまでは適度にストレスを発散して今の仕事を全うするしかありません。
by crescent28 | 2008-01-11 12:43 | 雑感



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧