風を感じて・・・

<   2007年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

よいお年を。

もう今年も残すところ一日となりましたね。
一年はあっという間です。
最近の年末は慌ただし過ぎるくらい慌ただしいです。
年の瀬とはいえ、昔の方がもう少し余裕があったような・・。
日々が忙しすぎるのですね、きっと。

来年はもっと心にゆとりを持ちたいな、と思う今日この頃。
それもこれも、仕事納めまでの数日がバタバタで、お昼も食べられないくらい忙しかったから。気持ちもいっぱいいっぱいで、なんだか悲しくなってしまいました。
それに仕事とはいえ、ちょっとむなしかったりもして。
やはり心のキャパを広げないといけないのかな、なんて思ったりします。

終わりよければ全てよし、とはいかなかった今年。
来年はどんな一年にできるのでしょうか。

何はともあれ、みなさんよいお年をお迎え下さい。
by crescent28 | 2007-12-30 23:23 | 雑感

映画「やわらかい手」

f0157355_1137885.jpg


ロンドン郊外で平凡な人生を送ってきた主婦マギーは、最愛の孫の手術費用の工面に奔走していた。ローンも借りられず、仕事も見つからない。絶望の中ふらふらと迷い込んだのは歓楽街のソーホー地区。偶然目にした「接客係募集・高給」の張り紙に思わず飛びついた。しかし、そこは風俗店だった。驚きあわてて逃げ出すマギー。だが、残された道はない。覚悟を決めて「仕事」を初めてみると、意外にも彼女はゴッド・ハンドの持ち主だったのだ。

題材はとても奇抜でストーリーの内容からすれば敬遠してしまう女性も多いかもしれません。でも、それはそれとして自分のためではなく、愛する誰かのために必死になる女性の姿は、どんな状況であっても強くたくましく美しいのです。
また、最初は風俗店で働くことの後ろめたさからか、友だちには内緒でこそこそと出勤していくのですが、その後ある種のわりきりと働いて稼ぐことによって自信をつけ、最後まで誇りを失わずに平凡な主婦から毅然とした一人の女性へ変わり行く様は、観ていてとても清々しいものでした。

主演のマギーを演じるのはマリアンヌ・フェイスフル。
ミック・ジャガーの世代の人はご存知かもしれませんが、かつてこのミック・ジャガーの恋人としてだけでなく、貴族出身の気品と美しい容姿で世界中を虜にした伝説のミューズと言われていたそうです。ルパン三世の峰不二子も彼女がモデルとか。スターの座から転落し、ドラッグ中毒、ホームレスなどの壮絶な実人生を乗り越え、女優復帰後「マリー・アントワネット」のマリア・テレジア、「パリ、ジュテーム」に出演、そして実に38年ぶりの主演映画となったそうですが、人生のどん底を経験した彼女だからこそ説得力のある見事な演技と圧倒的な存在感で観る者を魅了したのだと思います。

また、風俗店のオーナーを演じるミキ・マノイロヴィッチも渋い中にもどこかチャーミングで、マギーとの間に次第に芽生えていく感情を静かで穏やかながらも存在感たっぷりに魅せてくれました。この二人の関係がまたすごくいいんです。
まさに大人の映画です。
by crescent28 | 2007-12-20 23:35 | 映画・DVD

カカはすごい!

f0157355_2228418.jpg


f0157355_22285415.jpg


クラブワールドカップの決勝戦、ACミランvsボカ・ジュニアーズを観た方は多いと思います。私も今日はテレビで観戦。

スタジアム観戦の時はスピードが早すぎて見過ごしてしまうこともままありますが、テレビのいいところは今何が起こっている細かいところまでしっかり見えることだと思います。

それにしても今日の試合はすごかった!
何といってもカカ。前回のワールドカップの時には若手の有望選手ということで注目を浴びてはいましたが、今や世界一のプレイヤーと言われています。
実際、スピードといい、状況判断といい、タイミングといい全て素晴らしい!
とてもバランスのいい選手です。インザーギとのコンビネーションもよく、ため息が出るほどのプレイです。
ジラルディーノが出なかったのは残念ですが、今回が引退試合ではないかと言われているキャプテンのマルディーニのためにも、最後クラブワールドカップで優勝を飾れてよかったですね。

今日の試合を観て、決勝戦のチケットを買えばよかったと後悔しました。
今度また、さらに進化したカカの姿を生で見られるのはいつでしょうか。
by crescent28 | 2007-12-16 22:27

教会でゴスペル

f0157355_2314074.jpg


南青山ル・アンジェ教会のゴスペルコンサートに行ってきました。
教会は、表参道からすぐのところにあり、教会も礼拝堂も思ったよりこじんまりとしていてシンプルな雰囲気でした。そして入り口のクリスマスイルミネーションがとても綺麗でした。

2006年に結成された「ザ・コンチネンタル・ファミリー」というグループのコンサートです。
ゴスペルを生で聴くのはこれがはじめてですが、ちょっとイメージと違ってノリノリのゴスペルでした。もちろんしっとりと歌い上げるものもありましたが。
そして、どういうものを「ゴスペル」というのだろう、という疑問も。
でも、コンサートはノリノリのうえに、声量がすごくてパワフルで、ソウルフルで、あっという間に終わってしまいました。もう少し長かったら、さらに盛り上がっていたと思います。それでもしっかり楽しんできました。そして、ゴスペルもいろいろ聴いてみたいな、と思わせてくれるコンサートでした。
by crescent28 | 2007-12-14 23:13 | その他

クラブワールドカップ ACミランvs浦和レッズ

f0157355_18523584.jpg


横浜国際総合競技場でクラブ・ワールドカップ ACミランvs浦和レッズ戦を観てきました。カズやラモスが活躍していた頃に、代表戦を何回か国立で観ましたが最近はもっぱらテレビ観戦でした。久しぶりのスタジアム観戦に心も躍ります。
しかも、ACミランは決まっていましたが、対戦相手は未定のカードでしたが、アジア代表の浦和レッズが勝ち上がって、とても面白いカードとなり楽しみにしていました。

席はバッグスタンドと北スタンドの間のコーナーで1階の9列目でした。
ここはかなり前の方で低い位置からの観戦となりましたが、ボールの回転が見えたりとか、左右前後の距離が分かるので楽しめました。

試合の方は、ミランが終始、ボールを支配していましたが、結局浦和の粘り強い守備で得点を奪えずに終了。後半23分に左サイドを突破したカカのパスをセードルフが押し込んでこれが決勝点となり1対0でミランが勝ちました。

試合前は、もっと点差が開くかと思いましたが、意外とレッズが頑張っていましたね。
ただ、守備に頑張りすぎてしまって、攻撃の方になかなか行けなかった、という感があったような気がします。それにしても、ACミランのスピードはすごいです。あの展開の早さ。特にカカのスピードはすごい、と一言です。
とても見応えのあるいい試合でした。
by crescent28 | 2007-12-13 23:50

映画「この道は母へとつづく」

f0157355_22103266.jpg

f0157355_22104195.jpg


前に観た映画です。

ロシアの辺境地にある孤児院で育ったワーニャは幸運にも裕福なイタリア人夫婦の養子に選ばれる。しかしある日、すでに養子に引き取られていった友だちの母親が突然現れたことで、彼の心は大きく揺らぐ。「一目でいいから、本当のママに会いたい」募る想いを抑えきれなくなったワーニャは孤児院を脱走する。追っ手を逃れ、心優しき人々に助けられながら、ついに母親の家を見つけるが・・。

この映画はロシアで本当にあった実話をもとに作られたそうです。
ワーニャのママへのひたむきな想い。
そんなワーニャが、「運命は自らの手で切り開いていくものだ」と教えてくれているような気がします。
また、孤児を養子縁組することによってお金儲けをしている人、お金で動く警察など、ロシアの深刻な社会問題も浮き彫りにしています。そんな中でワーニャを助けてくれる心優しき人々が救いとなっています。そしてワーニャのひたむきで可愛らしいこと!
ママに会うまで決して険しい表情を崩さなかったワーニャが最後にママと会って素敵な笑顔を見せてくれるシーンがとても印象的でした。
by crescent28 | 2007-12-11 22:26 | 映画・DVD

ルグラン嬢に会いに フィラデルフィア美術館展@東京都美術館

f0157355_22191882.jpg


ルノワールのルグラン嬢に会いに、上野の東京都美術館で開催されているフィラデルフィア美術館展に行ってきました。
初めて見る「ルグラン嬢の肖像」は、やはりとても目を惹かれました。
8歳のルグラン嬢は、清楚で品があって、8歳のお嬢さんというより貴婦人のような佇まいです。ちょっと視線をそらせた目がとても印象的で、引き込まれてしまいそうでした。
そんなに絵画を知っているわけではないのですが、私が知っている限りにおいては一番好きな絵かもしれません。
帰りに、ルグラン嬢のミニフレームを買おうか迷いましたが、自宅でこの絵を飾るのはなかなか難しいだろうと思い断念しました。

オキーフの「ピンクの地上の上の2本のカラー・リリー」もとてもインパクトがあって好きな一枚でした。

このフィラデルフィア美術館展は、何と47人の画家の77点もの作品が一堂に会しているので、様々な技法の様々な作品が見られてとてもよかったです。
解説を読んでいると、画家というか芸術家は時代に翻弄される因果なものだとつくづく思いました。
by crescent28 | 2007-12-09 22:41 | 芸術鑑賞

ピラティスがもたらしてくれたもの。

今日もピラティスに行ってきました。
ピラティスをはじめてもうすぐ1年が経とうとしています。

好奇心旺盛なので、いろいろなものに興味を示しとりあえずかじってはみるものの、長続きしない性格のためいつもモノにならず・・。
こんなに長く続けているのははじめてです。

それもこれも、今教えていただいているピラティスが自分に合っている、ということはもちろんですが、ピラティスを通じての素敵な出会いがあったからこそです。
高校卒業後今の会社に入り、同時に入学した大学での友だちとの出会いはあったものの、職場の人たちとのつきあいがほとんど、といった感じでした。
さきほども言いましたが、習い事なども長続きしないため、そういう趣味で外の人との出会いもなく職場と学生時代の友だちとの付き合いのみでこれまで過ごしてきたような気がします。

ピラティスを始めてから、インストラクターの先生や一緒に習っている人との出会いによって、今とても充実した時間を過ごしています。
彼女たちとのランチを取りながらの楽しい会話は、私にとってはとても刺激的です。
常に目標を持っていて、その目標に向けて日々自分を磨いている姿勢や、仕事以外で好きなことに一生懸命打ち込んでいる姿、そして今までの自分とあまり関わりのなかった未知の世界の話題など盛りだくさん。
一緒にランチをしながら、いつもいつもいい刺激をたくさんもらっているのです。
そして私も頑張らなきゃ、と思わせてくれます。
といいながら、相変わらず能天気な毎日を送っているのですが。

ピラティスもまだまだこれからですが、続けることによっていつか花開くという期待感を持ってやっています。
ピラティスを通じて、今まであまり意識したことのない自分の身体を意識するようになったし、ピラティスの後は背筋が伸びてとても姿勢がよくなっている自分に気づいたり、これからどう変わっていくのかが楽しみだったり・・。

そして、今までは気持ちはあってもなかなか土日に出かけるのが億劫で、ついつい家の中でごろごろと怠惰な週末を送っていたのが、ピラティスに通うようになって、とても精力的にあちこちに出かけられるようになりました。

すでに私の生活の一部になっていますが、ピラティスもピラティスを通しての出会いもずっと大切にしていきたいな、とつくづく思う今日この頃なのです。
by crescent28 | 2007-12-08 21:31 | 雑感

映画「ここに幸あり」

f0157355_22125165.jpg


大臣のヴァンサンは毎日大忙し。
そんなある日、不用意な発言をしたヴァンサンは突然クビになってしまいました。
仕事を失い、肩書きも消え、家とお金もなくなって・・。
何もかも失ったヴァンサンを、故郷の友だちやかつてのガールフレンドは昔と同じように迎えます。
みんなで歌い、ワインを飲んで、新しい恋の予感も!?
思いがけない「人生の休暇」でヴァンサンが気づく生きる喜び、本当の豊かさ。
目には見えない大切なものはいつだってすぐそばにあるのです。


こんな風に生きれたらいいな、と思わせてくれる映画です。
人生哲学とでもいいましょうか。
お酒と歌と愛があれば、毎日が楽しく生きられる。
人生ってとてもシンプルなんですね。
登場人物もみな個性的で温かい。
特に盛り上がりはないけれど、人と人とのふれあいが糸のようにつながっていて、
とてもほっこり幸せな気分にしてくれます。
くよくよ悩んでいる人、何かに行き詰まっている人にぜひ見てもらいたい映画です。
by crescent28 | 2007-12-06 22:27 | 映画・DVD

HIGASHIYA 茶房@中目黒

f0157355_2164744.jpg


今日はお休みのため、中目黒にある「HIGASHIYA 茶房」へお昼を食べに行ってきました。

桜の季節に目黒川沿いをお花見のために歩いていると、何やらすごい人だかり。
一見何のお店かわからなかったのですが、人混みにつられて中へ入ってみると何と和菓子やさんでした。しかもとても上品そうな。
その後ネットで検索してみると、2階が茶房になっていて、和菓子や食後の和菓子に合う昼懐石がいただける、とあったので一度食べてみたいと思っていました。

茶房は大きなテーブルが一つとカウンターのみ。窓が大きく、4月には桜が見られそうです。大きなテーブルには外国人の6人ぐらいのグループが、そして、カウンターには外国人と日本人の男性二人連れ。確かに天井が高く、昔の日本家屋のような造りになっていて、カウンター内の棚もおしゃれに飾られています。外国人が喜びそうです。
夜は午前2時までやっているらしく、洋酒などが置かれていました。

昼懐石は、ぶりの照り焼き、いんげんを鶏肉で巻いたもの、たまご焼き、煮物、そしてごはんとお味噌汁、香の物。お味噌汁は甘め、ご飯はかためです。
香の物が5種類ぐらい出てきます。これがどれも美味しくて。思わずご飯をおかわりしてしまいました。
堅苦しい懐石はあまり好きではありませんが、こちらのはとても正当派でいて、シンプル。これがいいんですよね。

最後に季節の生菓子をいただいて、満足。

帰りに1階の和菓子の方をのぞいてみましたが、本当にお上品で高級な感じです。
お茶をやっている人などが利用するのでしょうか。

**********************************************
HIGASHIYA 茶房

目黒区青葉台1-13-12 2階
TEL:03-5428-0240
営業時間:12:00〜20:00、20:00〜26:00
定休日:火曜日
by crescent28 | 2007-12-06 21:28 | グルメ(お店)



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧