風を感じて・・・

京都ひとり旅その13<京のうちごはん>

京のうちごはんでほっこり
三条京阪でバスを降りると、雨がかなり激しくなっていた。
近くの飲食店が何店舗か入った建物に逃げ込み、そこから本日の晩ご飯を食べるお目当てのお店「京のうちごはん わらべうた」に電話をする。

そのお店は、事前にネットで見つけたお店で今回ぜひ行ってみたいと思っていたお店である。1名ということで、予約はしていなかったが、カウンター席なら大丈夫とのことでお店に向かう。三条京阪から1本入ったところにあった。
f0157355_20293572.jpg


f0157355_2030140.jpg

建物は築70年という町家を改装しており、店内はジャズが流れ静かで落ち着いた雰囲気のお店であった。
カウンターの中には女将さんとバイトらしき女の子二人。
まずは日本酒を頼み、お料理は3,800円のコースを注文する。
ここのお料理は京野菜など地のものと季節のものをふんだんに使った和食であり、どれもとても美味しい。
盛りつけも桜の房が飾られていたりと季節感たっぷり。
女将さんや、女の子たちと京都の話や修学旅行の話で盛り上がる。
京都の人は中学や高校の修学旅行はどこに行くのか聞いてみると、女の子の一人が、沖縄と長野だと言う。沖縄はわかるが長野はなーと思い、長野のどこを観光するのかと聞くと善光寺や白馬だそうな。
自分が長野県人だからわかるが、長野に修学旅行っていったい・・。
スキーならわかるけど特に何もないよなー。

ふと化粧室に立つと、いったん外に出て廊下があり坪庭がある。
こういうのが町家の造りなんだなーと思う。
f0157355_20431136.jpg

水瓶に雨のしずくが落ちる音がして、これまた風情な。

美味しいお酒とお料理で、会話もはずみ時間もあっという間に過ぎていた。
これからまたバスで嵐山まで帰らなければならないので、名残惜しい気持ちを振り払い、お店を後にする。
また京都へ行ったらぜひ立ち寄りたいお店である。

三条京阪へ戻り、バスで嵐山へ。
バスに揺られてうとうとしていると昨日のバス停に到着。
雨のためか人気のない夜の嵐山は夕べよりさらに怖さを増し、思わず早足になる。
宿の明かりにほっとし、中に駆け込む。

大浴場のお風呂でさっぱりとし、心地よい疲れを感じながら深い眠りに入った。
by crescent28 | 2008-04-13 21:50 |
<< 京都ひとり旅その14<清水寺> 京都ひとり旅その12<南禅寺> >>



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧