風を感じて・・・

京都ひとり旅その12<南禅寺>

絶景かな、絶景かな
イノダコーヒーでお茶をした後、南禅寺へ。
今年JR東海の「そうだ、京都へ行こう」シリーズのCMに使われたお寺である。

南禅寺・永観堂道のバス停で降りたが、南禅寺がどちらの方向かさっぱりわからない。
永観堂へは看板を見つけたが、南禅寺への案内は見つからず。
今回京都観光で思ったのは、観光地の最寄りのバス停には、観光名所の方向を示した案内が欲しいということ。せめて方向がわかれば、そのうち看板も出てくるだろうし。
反対方向に行ってしまうとちょっとキツいです。
そういえば、あまりバス停に降りてガイドブックを広げなかったのも敗因かも。

一瞬反対方向に行きかけたが、なんとなく引き返す。
歩いていると、若い女性がひとりぷらぷら歩いていた。
あまり観光客っぽくもなく、地元の人かと思い道を聞いてみる。
すると、「私もわからないんです。」と、私と同様ひとり旅の人らしかった。
そこで立ち止まって、ガイドブックを広げて見てみるとようやく方向がわかった。
拝観終了まであまり時間がないので、少しあせる。
その彼女は、「私、歩くのが遅いのでお先にどうぞ。」と言うので、お言葉に甘えて先を急ぐとようやく南禅寺前という信号が見えてきた。

南禅寺に着く頃には、小雨とはいえ雨が結構降ってきた。
正面には高さ22mの雄大な三門が雨に煙っている。
この三門は、石川五右衛門が「絶景かな 絶景かな」と見得を切った歌舞伎の舞台で有名である。
f0157355_1912165.jpg

三門のさらに奥へ行くと、よくサスペンスドラマに登場する赤レンガ造りの水路閣が現れた。こちらもどっしりとしてとても重厚で絵に書いたらよさそうである。
降り出した雨に、観光客が水路閣の下で雨宿りをしている。
f0157355_19142915.jpg

拝観終了間近のため、今回はさっと見てまわるだけとなってしまったが、次回は必ず訪れて、じっくり堪能したいお寺である。
by crescent28 | 2008-04-13 21:40 |
<< 京都ひとり旅その13<京のうち... 京都ひとり旅その11<イノダコ... >>



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧