風を感じて・・・

京都ひとり旅その1<出発〜伏見稲荷大社1>

2008年4月12日(土)

8〜9年振りの京都
東京駅からのぞみに乗って京都へ。
そういえば、東海道新幹線のダイヤ改正によって品川に止まるのぞみが増えたんだっけ。品川からにすれば良かったと、山手線に乗りながらふと思う。しかも、新型ののぞみが登場したので、行きか帰りのどちらかを新型にすればよかった。

昼過ぎに京都に到着し、まずはキャリーサービスで荷物を宿へ届けてもらう。このキャリーサービスは駅から宿、宿から宿、宿から駅と届けてくれるサービスなので、観光客にはとてもありがたい存在である。その後バスチケットセンターへ行き、京都観光二日乗車券と一日乗車券を購入。これで市バスと市営地下鉄、京都バスが乗り放題となり便利なチケット。そしてまず最初に向かう予定の伏見稲荷行きのバス停へ行き、バスの時刻を確認する。伏見稲荷は市内から少しはずれるせいか、1時間に2本しかない。先に時刻を確認しておいてよかった。

もうすでに12時もかなりまわり、早く何か食べたいところ。何しろ朝食べてから何も口にしていない。とりあえず地下のレストラン街に行っておそば屋さんを探す。2軒ほどありどちらも並んでいたが、どちらが美味しいのかはわからないので、列の少ない方に並ぶ。ほどなく順番が来て、おろし海老天そばを頼んでようやくお昼にありつくことができた。これでお腹も満たされ、ようやく落ち着く。

バスの時間にもちょうどよく、再びバス停へ。
ここの乗り場は順番も何もなく、乗車待ちの人たちが無秩序に並んでいた。そして何本か別の路線のバスがやって来たが、またしても無秩序に乗り込んでいく。しばらくして伏見稲荷へ向かうバスがやって来て乗り込む。旅先でのバスは最初いつも戸惑う。乗車口が前か後ろか、支払いは先か後か。とはいっても毎回前の人たちの様子を見ながら同じように乗り込んでいる。

京都は8〜9年振りぐらいだろうか。はっきりとは覚えていないが・・。
母方の叔母が京都にいるため、3歳ぐらいから始まって、子どもの頃は母親に連れられて来たり、兄と二人で来たりしていた。中学・高校の修学旅行も京都。就職してからは、一度仕事の下見で祇園祭りに来た事があったっけ?すっかり忘れていたのだが。
そして最後は友だちと秋の紅葉の季節に来て以来の今回の京都。大人になるにつれ、自分の行きたい時に行きたいところをまわれるのに、どうして今までこんなに足が遠のいていたのだろう。今回京都に来るにあたり何冊かガイドブックを見たが、行きたいところや食べたいものがたくさんありすぎて今度いつ行こうなどと考えていた。一度来てしまえば病みつきになりそうである。そういう年齢になってきたということもあるのだろう。

そんなことに思いをめぐらせていると、バスは目的地の伏見へ到着。
バスを降りたのはいいが、どちらの方向かがわからない。
京都駅のバス停から一緒だった外国人男性二人組もここで降りたが、私とは別の方向へ歩いていった。あの二人はどこへ行くのだろうか。特になんの標識もないが、地図で見た方向へなんとなく向かう。途中伏見駅があり、とりあえず間違ってはいないようだ。しばらく歩いていくと参道らしく、みやげものやが立ち並んでいる。そして朱色の鳥居が見えてきた。
f0157355_230516.jpg
伏見稲荷大社

奥の方へ進んでいくと、あの有名な朱色の千本鳥居が現れる。しかも途中2手に分かれてまるでドミノ倒しのよう・・(失礼!)
f0157355_23171656.jpg

中へ入ると朱色で覆われたトンネルとなっており、鳥居と鳥居の隙間から光が差し込んでいて何ともいえない不思議な雰囲気である。テレビなどで見たときはもう少し赤っぽい感じがしたのだが、実際に見てみると朱色であった。
f0157355_23331226.jpg

f0157355_23335825.jpg

千本鳥居を抜けるとそこが神の降臨地とされる稲荷山の奥社奉拝所である。
by crescent28 | 2008-04-12 22:00 |
<< 京都ひとり旅その2<伏見稲荷大社2> 本「財布のつぶやき」群ようこ >>



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧