風を感じて・・・

映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

f0157355_11423964.jpg


恋人の心変わりによって失恋した主人公エリザベスは、彼の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。毎晩ブルーベリーパイをとっておいて出してくれるオーナーのジェレミーと話すことで慰められるのだが、どうしても失恋から抜け出せないエリザベスは一人旅に出る。

とても観たかった映画。
予告を観た時から、なぜかこの映画は夜に一人で観ようと思っていました。
ノラ・ジョーンズの包み込むような優しい曲のせいでしょうか。
監督はウォン・カーウァイ監督で、この監督の「花様年華」も好きな映画の一つです。どの作品も独特の撮り方と色の使い方で映像がとにかく綺麗。

この作品も期待を裏切らずとても素敵な映画で、愛すべき映画の一つになりました。ここそこにアメリカらしさが出ており、きらびやかなネオンに対比して登場人物の切ない表情がとても印象的です。
旅先で働きながら、エリザベスは愛に彷徨う人たちの人生の一場面に遭遇します。妻に逃げられ、アルコール中毒になった警官アーリー、そしてその妻スー・リン、人を信じない女ギャンブラー、レスリー。スー・リン役のレイチェル・ワイズと、レスリー役のナタリー・ポートマンには、その存在感に目が釘付けになりました。さすがに大物女優とだけあって、登場人物を切なく、繊細に、優しく演じています。どれもみな愛すべき人たちです。そして、そんな人たちを見守りながら成長していくエリザベス。

エリザベスとジェレミーの物理的な距離を拡げながら、手紙を通じてこの二人の心の距離が少しずつ縮まっていく・・。一年後、旅によって一歩を踏み出す勇気を持てたエリザベスが、ジェレミーのもとに戻ってきて、甘酸っぱい恋の予感で映画は終わります。まるでブルーベリーパイのような・・。

この映画は、夜にまったり観るのが絶対おすすめです!
by crescent28 | 2008-04-04 22:41 | 映画・DVD
<< 京都女ひとり旅計画中。 和太鼓にチャレンジ! >>



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧