風を感じて・・・

映画「ヴィクトリア女王 世紀の愛」

f0157355_16142278.jpg

7つの海を支配し、イギリスを「太陽の沈まない帝国」と呼ばれるまでに押し上げたヴィクトリア女王(エミリー・ブラント)。黄金期を夫婦で支えた女王とアルバート王子(ルパート・フレンド)だったが、真のきずなを結ぶまで数々の波乱と困難を乗り越えなければならなかった。王室の権力争いや、マスコミが書きたてるスキャンダルなど幾多の荒波にもまれながら、ピュアな愛が育っていく。

10代で即位したヴィクトリアの結婚に、周囲には政略がうずまいている。
最初はベルギー王の政略と打算で引き合わされたヴィクトリアとアルバートであったが、二人は次第に真実の愛を育むようになる。

小さい頃から王位継承者としてかごの鳥のように王室で育てられ、自由にならない日々。そしてチェスの駒であるがゆえの孤独。そんなヴィクトリアが18歳にして母と決別し、女王となることを決意した。そして即位して初めて得た自由。
王室の権力争いの中にあっても、自身を見失うこともなく、政治家との駆け引きでも一歩もひかない強靭な意志。彼女のそうした凛とした言行は、自由を求める信念からきているのかもしれない。
この時代のイギリスは順風満帆で、革命や大きな戦争とは無縁であった。そんな時代背景からこの映画はヴィクトリア女王とアルバート王子の恋愛ものとして描かれているが、違う意味ではヴィクトリア女王の自立の物語と言えるのではないだろうか。
周囲のあらゆる政略を排除していった女王の自立こそが、イギリスが栄光の時代を歩む第一歩だったかもしれない。
by crescent28 | 2010-01-01 21:13 | 映画・DVD
<< 日帰り温泉@稲城天然温泉 季乃彩 2010年初日の出 >>



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧