風を感じて・・・

映画「男と女の不都合な真実」

f0157355_10292649.jpg


アメリカの地方TV局の女性プロデューサー、アビー。彼女は美人で頭が切れるのに、理想の男性を追い求め過ぎるのか、なかなか男運に恵まれない。そんな時、アビーの手がける番組に、恋愛カウンセラーのマイクがやって来る。下品でH、男性の本音をあけすけに語るマイクに嫌悪を示すアビーだが、視聴率アップのためしぶしぶ彼を受け入れる。さらにイケメン医師のハートを掴むため、マイクからの恋愛指南を受けることになるのだが…。

よくある「反発し合いながらも惹かれ合う男女」というお決まりのパターンだが、内容がとても面白い。ちょっと下ネタが多いので、どちらかと言えば男性向きなのかもしれない。でも、下ネタが多いわりには下品になりすぎていない。
最初、アビーの理想の男性として現れたコリンがかっこ良く見えたが、後半のコリンはどこかマニュアル男的でつまらない男に見えてしまう。逆に粗野でお下劣なマイクだが、後半はとても頼もしくかっこ良く見えてくる。この観客に逆転の印象を与えられるという時点でこの手のストーリー展開では成功なのだと思う。
また、知的で美人、そして仕切りや女の恋愛中の可愛らしく面倒な部分と粗野でお下品な男の真面目で純情な部分が上手に描かれていて面白い。

アビー演じるのは、「幸せになるための27のドレス」のキャサリン・ハイグル。アビーそのままに美人で上品で茶目っ気たっぷり。また、マイクを演じるジェラルド・バドラーも粗野な中にも優しさを持つかっこ良さははまり役である。アビーとマイクのテンポのよいセリフの掛け合いに、無駄を省いた95分という上映時間が小気味よい。
by crescent28 | 2009-09-22 21:28 | 映画・DVD
<< プチ鉄子の旅 メアリー・ブレア展@東京都現代美術館 >>



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧