風を感じて・・・

映画「縞模様のパジャマの少年」

f0157355_20102395.jpg


第二次大戦下のドイツ。ナチス将校の父の昇進に伴いベルリンを離れ、人里離れた大きな屋敷へ越してきた8歳のブルーノは、寝室の窓から遠くに見える“農場”で働く人々が昼間でも縞模様のパジャマを着ていることを不思議に思っていた。裏庭へ出ることさえ禁じられ、遊び相手もなく退屈しきっていたが、ある日こっそり抜け出すと“農場”にたどり着く。フェンスの向こうにはパジャマ姿の同い年の少年シュムエルがいた。

無邪気で無知というのは、なんと残酷なことだろう。
この映画の説明に「感動」とあったが、どこに感動があるのか私にはわからない。
最後、シュムエルが重ね着してきたもう一組のパジャマを着てフェンスの向こう側に入り込むのだが、この時点ですでに悲劇の結末がわかってしまう。
わかっていてもあまりの衝撃的な結末で涙も出ない。
映画ではブルーノの目線で描かれているので、ブルーノの悲劇の人生に可哀想と思う人は多いと思う。でも、考えてみればその背景に600万人ものユダヤ人が亡くなっているのである。ブルーノの身に起こった悲劇に焦点があたり、事実が薄まってしまうのでは?と思ったりもする。
その後、両親がどう感じたかを知りたかった。
ここで言うならば、ドイツ人とユダヤ人の違いはパジャマを着ているかどうかといった布切れ1枚の違いなのである。
とにかく見終わった後、言葉が出ない、言葉にできない映画である。
by crescent28 | 2009-08-26 20:09 | 映画・DVD
<< 長かった一週間。 緊急地震速報にドキドキ・・・。 >>



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧