風を感じて・・・

本「1Q84 BOOK1/BOOK2」村上春樹

f0157355_1748203.jpg
f0157355_17483228.jpg


初めて村上春樹作品を読んでみた。
今まではなんとなく敬遠していたが、今回はなぜか読んでみようと思った。
BOOK1の後半からぐいぐい引き込まれてていった感じだが、何一つ完結していない。
ストーリーの中に解き放たれたまま・・・。
これは途中なのか、終わりなのか。
読者それぞれが完結させなければならないのか。
どうしても物語に結末を求めてしまうので、どうしていいのかわからない。
続編が出るという噂も多いが、どうなんだろう。
BOOK2を読んで思ったのは、この本は恋愛小説だったのだろうかということ。
個人的に好きだったのは、青豆とタマルの会話である。
人が生きていくためには、いつまでも忘れられない風景が必要なのだという言葉が印象に残る。
私にとっての「いつまでも忘れられない風景」はなんだろうか、とふと思う。
それにしても、登場人物たちのその後が知りたい。
by crescent28 | 2009-07-20 19:46 |
<< 定額給付金で買ったもの。 映画「扉をたたく人」 >>



真帆片帆、どんな状況でも風をしっかりと感じて、毎日を前向きに生きていけたら、と思っています。日々の暮らしの中での思ったことや感じたこと、私のおすすめを紹介していきます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
【クレッセント】
東京都内在住
趣味:読書、映画鑑賞、旅行
はまっていること:ピラティス、スピリチュアル、癒し系
性格:好奇心旺盛で、こうと決めたら突っ走る猪突猛進タイプ。
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧